ゆーすPのインディーロック探訪

とあるPのインディーロック紹介ブログ。インディーからオルタナ、エレクトロ、ヒップホップまで。

パウロの人生、カニエの回心ーDisc Review : Kanye West / The Life of Pablo

パウロの人生、カニエの回心
ディスクレビュー : Kanye West / The Life of Pablo (2016)

f:id:vordhosbn:20170813112759j:plain

 前回の記事で昨年の作品Chance the Rapperの"Coloring Book"を紹介したのですが、今このタイミングで?と思わせる少し唐突な感じになってしまいました。反省。…なのですがそんな流れで今回もそんな昨年の作品であるKanye Westの"The Life of Pablo"を紹介します。このチャンスとカニエの両作品は、多くの共通項が見出せる、2016年を象徴する作品です。そんな彼らの共通項から、2016年的なサウンドの一つのキーワード、"キリスト教的要素"について考えたいと思います。

続きを読む

怒りを祈りに転化したシカゴの光ーDisc Review : Chance the Rapper / Coloring Book

怒りを祈りに転化したシカゴの光
ディスクレビュー  : Chance the Rapper / Coloring Book (2016)

f:id:vordhosbn:20170811233659p:plain

 "Music is all we got"ー音楽こそが全てだ、と彼は歌った。そんな彼が、ヒップホップアクトながらグラミー賞で新人賞を獲得し、ロラパルーザを満杯にした。チャンスは、「音楽が全て」という当たり前のことを私たちにふと思い出させた。チャンスのそんな単純な祈りはいつの間にか、僕らの祈りとなっていたのだった。

続きを読む

ゆーすPが選ぶエレクトロニカの名曲10選

 なんと来月、9/20にTelefon Tel Avivの来日公演が決定しました。Telefon Tel Avivと言えば、その1stアルバム"Fahrenheit Fair Enough"はまさにエレクトロニカの金字塔と呼ばれ、今日までシーンに多大な影響を与え続けています。ということでそんなTelefon Tel Avivの来日を記念して今回はエレクトロニカシーンの名曲を10曲ほど紹介したいと思います。

続きを読む

Radiohead "OK Computer"再考ーDisc Review : Radiohead / OK Computer

Radiohead "OK Computer"再考
Disc Review : Radiohead / OK Computer (1997) 

f:id:vordhosbn:20170802225841j:plain

    20周年を迎えてリイシューされたあの名盤をちょっと言語化しておこうと思ったらなんだか長ったらしく大仰になってしまいました(笑)、個人的に思い入れのあるアルバムをレビューするのって中々難しいですね。どうしたって偏愛になってしまいます(笑)。そしてほかのレディオヘッドの作品についても書きたいところですが、ただのレディへオタクだとばれてしまうので控えておきます(笑)。ではでは。

続きを読む

煌めき、色付く、僕らの世界ーDisc Review : Phoenix / Ti Amo

煌めき、色付く、僕らの世界
ディスクレビュー : Phoenix / Ti Amo (2017)

f:id:vordhosbn:20170729113235p:plain

 Phoenixというバンドはまさに理想のストーリーを経て成長してきた。それは1stアルバムにして大傑作を作り上げその後の活動に苦悩したThe Strokesとも、大ヒット曲が一曲だけひとり歩きしていき誰もアルバムを聴いてくれないと嘆くMGMTとも違った。彼らはあくまでも一歩ずつ、着実に、ファンを獲得し知名度を上げてきた。そんな彼らは、デビューから13年にして遂にコーチェラのヘッドライナーとして出演し、大歓声を浴びるに至った。

続きを読む

<フジロック直前特集>LCD Soundsystem"All My Friends"のカバー曲まとめ

 f:id:vordhosbn:20170728022920j:image

さあ今日からフジロックだな。何度も言うけど俺は行けない。悔しくなんかない。いや、悔しいに決まってる。何と言っても29日、ホワイトステージのヘッドライナーは"LCD Soundsystem"。あの大名曲、"All My Friends"が苗場に響き渡るのだろう。フジロック組のみなさん、もし2日目のトリに迷っているなら是非LCD Soundsystemを。間違いなく、素晴らしい時間を過ごせます。今回はそんな名曲"All My Friends"の名カバーをご紹介。本家を見る前にこれらのカバーを聴けば、予習にもなるしテンション上がることも間違いなし。ではでは素敵な三日間をお過ごしください。

 

続きを読む

21人の一匹狼が描く新たなスタンダードーDisc Review : 欅坂46 / 真っ白なものは汚したくなる

21人の一匹狼が描く新たなスタンダード
Disc Review : 欅坂46真っ白なものは汚したくなる (2017)

f:id:vordhosbn:20170723152948j:plain

 彼女達は、深刻な自己矛盾を抱えている。CDを出せばチャートで一位を獲得、幾多のTV出演を果たし、ライブをやれば満員御礼、そんな日本のアイドル界、ひいてはJポップ界を代表する"みんな"のアイドルである彼女達が、「誰もいない道を進むんだ」と歌い、大衆、さらには社会への反発を露骨なまでに表現する。秋元康という「大人」が書いた詞を歌う彼女達が、大人に対する反抗を表現する。32人のアイドルグループに所属する彼女達が、孤独を歌い、他人志向型社会に中指を突き立てる。ーこれらの矛盾を抱えながら、いかにして襷坂46はここまでの圧倒的人気を獲得したのか。この1stアルバムには、そんな問いに対する答えが秘められている。私は、正直に言うと、欅坂46について、メンバーの名前や顔も全くと言っていいほどわからないし、TVの冠番組も知らないので、そういった欅坂46のエンターテイメント的な側面に関しては無知である。そのためこの文章はあくまでも彼女たちの音楽的側面のみを取り出した拙いものであるということを最初に断っておきたい。