ゆーすPのインディーロック探訪

とあるPのインディーロック紹介ブログ。インディーからオルタナ、エレクトロ、ヒップホップまで。

What is "American Dream"?:ジェームス・マーフィーの描くアメリカの今ーDisc Review : LCD Soundsystem/ American Dream

What is "American Dream"?:ジェームス・マーフィーの描くアメリカの今
Disc Review : LCD Soundsystem/ American Dream (2017)

 

f:id:vordhosbn:20170926004133j:plain

 LCD Soundsystemは、言ってしまえばジェームズマーフィーのソロプロジェクトであるのだが、2011年にその活動休止を発表する際、彼は"解散"という言葉を使った。そして、この"解散"という言葉は、マディソンスクエアガーデンにおけるあの伝説のラストライブ、"The Long Goodbye"を伝説たらしめたのであった。彼は、LCD Soundsystemという物語と決別し、まさしく「有終の美」を飾ったのだ。

続きを読む

EDMならぬ"A"DM?―Disc Review : Kommode / Analog Dance Music

EDMならぬ"A"DM?
Disc Review : Kommode / Analog Dance Music (2017)

f:id:vordhosbn:20170922042730j:plain

こんばんは、ゆーすPです。前々回に普段のレビューよりも少し短めのショートレビューをお送りしましたが、今回もその流れに乗って、ショートレビューです。

続きを読む

<祝>アクセス数1000人突破!

どうも、ゆーすPです。

今回は「記事」というより私的な報告です。

 

えー、昨日9月17日で、アクセス数が1000人を突破しました!!!!

 

続きを読む

ロック復権をかけたQOTSAと僕らの野望ーDisc Review : Queens of the Stone Age / Villains

ロック復権をかけたQOTSAと僕らの野望
Disc Review : Queens of the Stone Age / Villains (2017)

f:id:vordhosbn:20170916191110j:plain

 今年頭、フジロックの出演アーティストが発表された際、その出演決定に驚いたアクトの一つがQueens of the Stone Age(以下QOTSA)でした。それもそのはず。QOTSAといって思い出されるのは幾度もなく繰り返されて来たライブキャンセルの記憶。そんなファンの皆さまがたのトラウマからか、「果たしてQOTSAが本当に来日するのか」という話題はよく話に上がりツイッターなどでもよくネタにされ、その盛り上がり?は洋楽界隈では今年上半期最高値を記録したのではないかと思ってしまうほどでした。

続きを読む

Bombay Bicycle Clubのフロントマンはデーモン・アルバーンになれるのかーDisc Review : Mr. Jukes / God First

Bombay Bicycle Clubのフロントマンはデーモン・アルバーンになれるのか
Disc Review : Mr. Jukes / God First (2017) [short review]

 

 どうも、ゆーすPです。ブログタイトルが「インディーロック探報」でありながらそんなにインディーロック探報してなくないか…?ってことに気づいてしまった今日この頃です。そうなんです。Jay Zとかチャンスとカニエとか、有名どころの記事が多くないかってことに気づいてしまったのです。でも決して普段インディーロックを聴いていないわけではなく、むしろ7割くらいはインディーロックを聴いています。なのになぜ記事の多くが有名アーティストのものなのか。

続きを読む

シミュラークル社会を暴くためにーDisc Review : Arcade Fire / Everything Now

シミュラークル社会を暴くために
Disc Review : Arcade Fire / Everything Now (2017)

 

f:id:vordhosbn:20170903092558j:plain

 確かに、非常に評価が難しい作品である。このアーケイドファイアの新譜に対しては、リリース以前の大きな期待に反して落胆の声や失望の声がよく聞かれた。ピッチフォークでは5.6点とこれまでの最低得点であったし、アマゾンのレビューでも星1の評価が散見されている。実際その低評価の多くはそのポップ然としたサウンドに起因するもので、今作において引用されたABBAやビージーズのような70年代ディスコミュージックがうまく機能していないことだったり、「インディーロック」を牽引してきた彼らのポップ化に対する失望であったりが原因として見受けられる。確かに、発売前に本作にかなり期待をしていた私がこの作品を一聴した感想はというと、あまりにも心に刺さるものがなく、気づいたら13曲目のアウトロを迎えていたという感覚であった。発売してから一か月以上経ってのレビュー執筆の一因はまさにここにある。

続きを読む

HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER雑記ーLive Report : HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER 8/19 @幕張メッセ

Live Report : HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER 8/19 @幕張メッセ

 

こんばんは、ゆーすPです。早いものでもうサマソニ's weekendsから2週間ですよ2週間。ということで、遅くなりましたが今回はサマソニの深夜帯枠ホステスクラブオールナイターのレポ書きます。夏が終わった…

f:id:vordhosbn:20170903092211j:plain

 

続きを読む