ゆーすPのインディーロック探訪

とあるPのインディーロック紹介ブログ。インディーからオルタナ、エレクトロ、ヒップホップまで。

ボーカロイドと相関主義、あるいはメランコリーの時代について——相関主義以降へ向けた一試論

 どうもゆーすPです。唐突ですが、今回は哲学における思弁的実在論による相関主義批判及び相関主義の乗り越えという試みに着想を得て、ボーカロイド楽曲において相関主義的世界観及び相関主義的世界における苦悩(=特に人生の意味をめぐる苦悩)が描かれていること、そして、その乗り越えをなんとか模索していること、を論じてみました。

 以下、①ボカロにおいて相関主義的世界観が描かれていることを、ハチの楽曲(特に「パンダヒーロー」と「ドーナツホール」)及びかいりきベアの楽曲(特に「ロジカ」)に注目して確認し、②世界が相関主義的に解釈される帰結として、現代に生きる我々が「何をしたいわけでもないが、何もしたくないわけでもない」という実存感覚を有しているということをn-bunaの「メリュー」やNeruの「ロストワンの号哭」から明らかにし、③最後に、こうした相関主義的世界を乗り越える、あるいは別の可能性へのヒントを、Chinozoの「グッバイ宣言」とピノキオピーの「ぼくらはみんな意味不明」から考えてみる、といった流れで論じます。

続きを読む

ただ、The 1975が最高だったという話。——Live Report:SUMMER SONIC 2022 DAY1 8/20

ということで、前回

indiemusic.hatenadiary.jp

のソニマニ雑記の続きです。6時就寝10時起床に何とか成功し、そのまま再び海浜幕張へ向かった私でしたが、とにかく人が多く、何をするのにも超行列な状況にだいぶ参ってしまい、会場の端っこでぶっ倒れておりました。。

続きを読む

ソニックマニア雑記——Live Report:SONICMANIA 2022 8/19

f:id:vordhosbn:20220822210015j:image
どうもゆーすPです。先日2018年以来4年ぶりのソニマニに行ってきました。

仕事の都合もありカサビアンの途中くらいから参加となりましたが、Hardfloorの最後まで思いきり楽しめました。以下、アクトごとの簡単な感想です。

続きを読む

夏に聴きたいインディーロックアンセム10選 [part3]

f:id:vordhosbn:20220803235600j:image

どうもゆーすPです。4年ぶり3回目の「夏に聴きたいインディーロックアンセム10選」です。もう随分と時代が変わって若干懐メロ化している曲もあるような気もするんですが、懲りずにパート3をやりたいと思います。今回は特に00年代後半以降で、リバティーンズストロークスあたりを彷彿とさせるガレージ?寄りのインディーロック(特に#1〜#5)、あるいはダンスパンク、インディーポップ寄りのインディーロック(特に#6〜10)をチョイスしました。インディーロック好きにはそういやこんな曲もあったなと懐かしんでもらって、知らない向きにはこんな曲もあるんだと新たな音楽の発掘の一助になれば幸いです。ではでは。

続きを読む