ゆーすPのインディーロック探訪

とあるPのインディーロック紹介ブログ。インディーからオルタナ、エレクトロ、ヒップホップまで。

Disc Review : Bloc Party / A Weekend In The City (2007)

大都市ロンドンにおける若者の退廃と絶望、セクシュアリティとレイシズム、あるいはマスメディアの煽動的報道——本作において俎上にあがるテーマをざっと羅列しただけでも、このBloc Partyの2ndアルバムが所謂ロックンロールリバイバルを牽引する一連のバンド…

TikTokからはじめるインディーロック/オルタナティブ入門

TikTokとインディーロックーーみるからに水と油じゃないか。私もずっとそう思っていました。TikTokは「陽キャ」の娯楽であり、インディーロックは「陰キャ」の娯楽であり、両者が交わることは決して無いと。 しかし、実はTikTokで使われる音楽は非常に幅広く…

ヨルダンのインディーロックの名曲10選

以前アラブ音楽に関する記事を書いたのですが、今回は特にヨルダンのインディーロックに注目して10曲紹介したいと思います。 何気にこのシリーズも三弾目。海外に行くことのできない今だからこそ、音楽で海外を感じて脳内海外旅行を楽しみましょう。そもそも…

インディーロック好きのためのボーカロイド名盤10選

米津玄師、YOASOBI、ヨルシカ、ヒトリエーー今や、ボカロ発のアーティストがJポップの中心的存在となることは珍しいことではない。かつてオタク的だと表象されていたボカロ音楽は、その偏狭な文脈を脱し、ユースカルチャーへ、ポップカルチャーへと変貌して…

2010年代ベストアルバム50選 PART5:TOP 50 ALBUMS OF 2010s [10-1]

※PART1(50位-41位)はこちら↓ indiemusic.hatenadiary.jp ※PART2(40位-31位)はこちら↓ indiemusic.hatenadiary.jp ※PART3(30位-21位)はこちら↓ indiemusic.hatenadiary.jp ※PART4(20位-11位)はこちら↓ indiemusic.hatenadiary.jp やっと仕上がりました… だい…

2020年ベストアルバム50選:TOP 50 ALBUMS OF 2020 [50-1]

続いてアルバム編です。

2020年ベストソング50選:TOP 50 TRACKS OF 2020 [50-1]

鬼久々の更新となってしまいました。どうも約1年ぶりのゆーすPです。年間ベストだけはなんとしても毎年上げたいので超久々のはてブログイン&投稿。(今見たら2010年代のベスト50も最後の10位から1位のパートが未投稿という中途半端ぶり…こっちもいつかは上げ…

2010年代ベストアルバム50選 PART4:TOP 50 ALBUMS OF 2010s [20-11]

※PART1(50位から41位)はこちら↓ indiemusic.hatenadiary.jp ※PART2(40位から31位)はこちら↓ indiemusic.hatenadiary.jp ※PART3(30位から21位)はこちら indiemusic.hatenadiary.jp ということで予告通り20位から11位です。

2010年代ベストアルバム50選 PART3:TOP 50 ALBUMS OF 2010s [30-21]

※PART1(50位から41位)はこちら↓ indiemusic.hatenadiary.jp ※PART2(40位から31位)はこちら↓ indiemusic.hatenadiary.jp 折り返し地点。今回は30位から21位です。

Bon Iver 2020/01/21@Zepp Tokyo

オートチューンによるデジタルクワイアが、不思議と心を揺さぶった。メールより手書きの手紙の方が気持ちが伝わる、なんて言うけれども、Bon Iverのデジタライズされたサウンドは、素朴な歌声それ以上に胸に迫ってきた。 思えば彼のエレクトロなサウンドは、…

2010年代ベストアルバム50選 PART2:TOP 50 ALBUMS OF 2010s [40-31]

※前回記事(50位から41位)はこちら indiemusic.hatenadiary.jp どうもゆーすPです。 前回に続き今回は40位から31位です。

2010年代ベストアルバム50選 PART1:TOP 50 ALBUMS OF 2010s [50-41]

どうもゆーすPです。今回は2010年代のベストアルバム50選です。 2010年から2019年の10年間は、まさに私が音楽、特に洋楽を聴くようになってからの10年間と丸々一致しています。最初に夏フェスに行ったのは2010年のことでしたし、MTVを見るようになってCDを買…

2019年ベストアルバム50選:TOP 50 ALBUMS OF 2019 [50-1]

続いてアルバム編です。 コメントは余裕があれば随時更新します。

2019年ベストソング50選:TOP 50 TRACKS OF 2019 [50-1]

どうもゆーすPです。いつものやつです。 今年もどうぞよろしくお願いします。

コールドプレイが描く世界の今——Disc Review: Coldplay / Everyday Life (後編)

前編はこちら indiemusic.hatenadiary.jp 後編になります。ディスクレビューというタイトルですが、むしろ歌詞解説?といった方が良い気もします。とりあえずアルバムの後半(9曲目~16曲目)です。

コールドプレイが描く世界の今——Disc Review: Coldplay / Everyday Life (前編)

どうもお久しぶりです。最近なかなか更新できませんでしたが、個人的に一段落つきまして、これからはちょこちょこ更新できると思いますので、どうぞよろしくお願いします。今回はコールドプレイの新譜Everyday Lifeのディスクレビューとなります。本作のテー…

コラム: The 1975とSamuel Burgess Johnsonについての走り書き

世界がThe 1975に染まっている。ドバイでの騒動、サマソニでの圧倒的なパフォーマンス、突然のインダストリアルへの転向、レディングで垣間見せたThe 1975のネクストステージ。ここ数週間、ツイッターでThe 1975の文字を目にしない日はない。

トムヨークと「夢」——Disc Review : Thom Yorke / Anima [Part.2]

※[Part.1]はこちら indiemusic.hatenadiary.jp 前回記事の続きです。今回は、Animaのプロモーション手法やアルバムタイトルの意味を考察した上で、トムヨークの「夢」に対する関心が何を意味しているのかを考えます。

トムヨークと「Brexit」ーーDisc Review : Thom Yorke / Amina [Part.1]

どうもゆーすPです。先日のフジロックでは、ホワイトステージのトリとして見事なパフォーマンスで観客を熱狂の渦に巻き込んだトムヨーク。今回は、そんなトムヨークのソロワークとして先月リリースされた新譜"Anima"のレビューをしたいと思います。

フジロック雑記——Live Report : FUJI ROCK FESTIVAL 2019 DAY1 7/26

どうもゆーすPです。私事ですが、7/26にフジロックへ行ってまいりました。金曜日ながら、エルレ効果(はたまたトムヨーク効果?)でチケットは早くも完売。そのため大混雑を懸念していましたが、とりあえず自分が見たいアクトは全部見れたので安心でした。天気…

<フジロック直前特集>フジロック、ケミカルを観るか、トムヨークを観るか。

さて、ついについに7/26から、フジロックが開催されます。 私は金曜日初日にフジロック参加予定なのですが、非常に悩ましいのが各アクトの被り。特に初日のトリはグリーンステージにケミカルブラザーズ、ホワイトステージにトムヨークという必見アクトが被っ…

2019年上半期ベストトラック10選:TOP 10 TRACKS OF 2019 (JAN-JUNE)

予告通り上半期ベストトラック編です。 アルバム編同様並び順はアルファベット順でランキング順ではありませんのであしからず。

2019年上半期ベストアルバム10選 : TOP 10 ALBUMS OF 2019 (JAN-JUNE)

どうもゆーすPです。7月半ばということで、早くも2019年の半分が終わってしまいました…ということで恒例?の上半期ベストです。毎年やってるんでやらなきゃという変な義務感に駆られておりますが、正直今年はそこまで手広く聴けてないので定番どころが多いで…

<報告>Twitterアカウントを開設しました

どうもゆーすPです。 つい先日、本ブログのTwitterアカウントを開設してみました。ブログを始めてから2年ちょいが経って今更感がありますが…笑 Twitterアカウントの方ではブログ記事の更新はもちろんのこと、過去記事からの文章の抜粋やその他音楽のことにつ…

コラム:「クルマ」と音楽と資本主義——The Smithsと交通事故、Radioheadとエアバッグ、The 1975とカーセックス

どうもゆーすPです。今回はいつもと違ってお堅い文章です。現代思想の類は好きだけど自分で考えを文章化するのはなかなか難しい… 以下の文章は、簡単に言えば「クルマ」について歌われている古今のイギリスのポップカルチャーを代表する名曲三曲(The Smith /…

ゆーすPが選ぶタイのインディーロックの名曲10選

どうもこんにちは。 本日はまた嗜好を変えての楽曲紹介です。今回は特にタイの音楽をチョイスしました。 タイのポピュラーミュージックが「遅れている」などとの認識はもう一昔前の話。近年ではアジアの中でも優れた音楽産業が発達している国として、一躍グ…

2018年ベストアルバム50選:TOP 50 ALBUMS OF 2018 [50-1]

どうもご無沙汰しております。ゆーすPです。ここ半年ほど色々忙しくって、更新サボってました。すんません。ふと前回の更新を見たら1月になっていて、五ヶ月も放ったらかしにしていたのか…と反省。。もう誰も見てないんじゃないかこれ。笑 気を取り直して…超…

2018年ベストソング50選:TOP 50 TRACKS OF 2018 [50-1]

遅くなりましたが今年もベストソング/アルバム発表します。50位から1位まで、カウントダウン方式です。一アーティスト一曲までとしています。簡単なコメントも添えてみました。去年は背伸びをして目指せピッチフォークを合言葉に?各曲に長文の真面目なコメ…

コラム: rockin'onの年間ベストは本当にガラパゴス?——非英米メディアの年間ベストアルバムまとめ

12月に入り、いち音楽リスナーとして気になるのが、各メディアの発表する年間ベストアルバム。近年ではSNSの発展もあり、大手メディアのみならず個々人が自由に思い思いのベストアルバムを発表するようになりまして、本当に多種多様なバラエティーに富んだラ…

現代アラブ・ポップミュージックの名曲10選[Part.2]-エジプト・ロック他編-

indiemusic.hatenadiary.jp ということで、前回記事(↑)の続きです。前回はパレスチナ、ヒップホップ中心でしたが、今回はエジプト、ロックバンドを中心に現代アラブポップのオススメ曲を紹介します。