ゆーすPのインディーロック探訪

とあるPのインディーロック紹介ブログ。インディーからオルタナ、エレクトロ、ヒップホップまで。

今年の夏は、彼らに決めた!ーSong Review : Friendly Fires / Love Like Waves

ついに待望の新曲が発表された。彼らの純粋な新曲としては((実は、Andy WeatherallとTimothy J Fairplayによるユニット、The Asphodellsとのコラボ名義で2014年にシングル"Before Your Eyes/Velo"を発表している。))なんと7年ぶりだという。いやはや、それに…

緩く、メロウに。ーDisc Review : Rejjie Snow / Dear Anime

緩く、メロウに。 Disc Review : Rejjie Snow / Dear Anime (2018) どうも、ゆーすPです。今回は期待の新人、アイルランド出身のラッパーRejjie SnowのデビューアルバムDear Animeを紹介します。久しぶりに今回はショートレビューです。(これに関してはBomba…

孤独なカリスマか、残虐な犯罪者かーDisc Review : XXXTentacion / ?

孤独なカリスマか、残虐な犯罪者か Disc Review : XXXTentacion / ? (2018) 最近、このXXXTentacionの"?"をひたすら繰り返し聴いているのだが、私はこの作品がいまいちよくわからない。作品を通して纏わりつくタイトルの"?"に象徴されるようなアブストラクト…

彼女たちはガラスを割ることができないーSong Review : 欅坂46 / ガラスを割れ!

彼女たちはガラスを割ることができない Song Review : 欅坂46 / ガラスを割れ! 「彼女たちはガラスを割ることができない」などと書くと、彼女たちのメッセージを真っ向から否定しているように捉えられてしまうかもしれないがそうではない。私がこう書くのは…

日常と非日常、現実と理想ーDisc Review : Superorganism / Superorganism

日常と非日常、現実と理想 Disc Review : Superorganism / Superorganism (2018) 私たちは音楽を携帯する。ウォークマンで、iPodで、スマホで、電車の中でも散歩中でもどこでも、音楽を聴くことができる世の中にいる。そんな現代社会において、音楽は非常に…

「ヒップホップアイドル」を見つめなおすーSong Review : lyrical school / つれてってよ

「ヒップホップアイドル」を見つめなおす Song Review : lyrical school / つれてってよ (2017) "Take me out" ――昔はThe Smiths*1から近年ではFranz Ferdinand*2まで、古今東西様々なアーティストによって紡がれてきたなんて事のない一節。でも、そんな手垢…

誰よりも説得力のある、責任のある”オールライト”ーSong Review : Kendrick Lamar / Alright

誰よりも説得力のある、責任のある”オールライト” Song Review : Kendrick Lamar / Alright (2015) ―we gon' be alrightと、彼は繰り返し歌った。トランプ氏のシカゴの選挙集会に反トランプ派が押し寄せ、シュプレヒコールとして”we gon’ be alright”の大合…

2017年ベストアルバム50選:TOP 50 ALBUMS OF 2017 [50-1]

2017年ベストアルバム50選:TOP 50 ALBUMS OF 2017 [50-1] どうもゆーすPです。早いものでもう2月です。もういい加減2018年モードにならんといけないのですが、2017年の総括第二弾ということで、今回は「アルバム編」です。ということで、ちぇけらっちょい*…

2017年ベストソング50選:TOP 50 TRACKS OF 2017 [50-1]

2017年ベストソング50選:TOP 50 TRACKS OF 2017 [50-1] 皆様、あけましておめでとうございます!どうも、ゆーすPです。2017年も早いもので終わり、2018年となりました。昨年は皆様本当にありがとうございました。今年も本ブログを是非是非よろしくお願いい…

クリスマスに聴きたい名曲10選

どうもゆーすPです。今日はクリスマスイブ。皆さんはいかがお過ごしですか。え?このブログ見てる?なんだその寂しいクリスマスは!あ、待って、行かないで、嘘です嘘です。とりあえず最後まで見ていってください!! ということで今日はタイトルの通り、ク…

マイケル・アンジェラコスの進化と深化―Disc Review : Passion Pit / Tremendous Sea of Love

マイケル・アンジェラコスの進化と深化 Disc Review : Passion Pit / Tremendous Sea of Love (2017) 「明るく煌びやかなエレクトロポップ」ー2009年にリリースされた彼らの1stアルバムを一言で表すとすれば、そんな言葉が適切だろう。80年代的なエレクトロ…

複数の理想と一つの現実ーDisc Review : Radiohead / In Rainbows

複数の理想と一つの現実 Disc Review : Radiohead / In Rainbows (2007) "IT'S UP TO YOU"(すべてはあなた次第)ー2007年10月10日、レディオヘッドの公式ホームページ上に掲載された一文は瞬く間に話題を集め、多くのメディアによって取り上げられた。こう…

過剰の美学が生んだ大団円ーLive Report : MUSE 2017 11/14 @横浜アリーナ

過剰の美学が生んだ大団円 Live Report : MUSE 2017 11/14 @横浜アリーナ ー「装飾、壮大、うぬぼれ、プログレッシヴ・ロック。それが現代の音楽の風景をだめにする4つの罪だ。そして、イギリスのテインマスでレコーディングされた苦悩のロッカーたちミュー…

曲名に"November"が含まれている11月に聴きたい名曲10選

どうもゆーすPです。近頃グンと寒くなってきました。気づいたらもう11月なんですね。個人的にこの11月ってあれなんですよね、月の中で一番印象が薄い。(11月誕生日&11月好きの皆様すいません) なんだか大きなイベントもなく、それでいてこのひと月は過ぎる…

「希望」は「意志」へと変わっていくーDisc Review : LOCAL SOUND STYLE / HOPE

「希望」は「意志」へと変わっていく Disc Review : LOCAL SOUND STYLE / HOPE (2009) どうも、ゆーすPです。前回、久しぶりに邦楽の記事を書いていたら、邦楽アーティストの記事を描きたい欲が高まってしまった結果、今回も邦楽アーティストの記事です。し…

優しくて暖かい、愛の歌ーDisc Review : 豊崎愛生 / Love letters

優しくて暖かい、愛の歌 Disc Review : 豊崎愛生 / Love letters (2013) 昨晩、ツイッターのトレンドに懐かしい人物の名前が。はい、そうです。豊崎愛生さんです。この度ご結婚を発表されたのことで、ツイッターではその話題で持ちきりでした笑。しかしなが…

"Colors"のすべてーLive Report : Beck 2017 10/24 @ 新木場スタジオコースト

"Colors"のすべて Live Report : Beck 2017 10/24 @ 新木場スタジオコースト まさにベックの20年のすべてが詰まった一夜だった。"Devil's Haircut"で幕を開けたライブは、続いて"Black Tambourine"や"Think I'm in Love"、"Mixed Bizness"など、往年の名作か…

「2017年」に鳴らされるべきモダンポップ ーDisc Review : Beck / Colors (2017)

「2017年」に鳴らされるべきモダンポップ Disc Review : Beck / Colors (2017) ーBeckって一言で言ってどんなアーティスト? この問いに答えるのはいささか簡単ではない。ヒットのきっかけとなったシングル"Loser"で「僕は負け犬だ」というオルタナ然とした…

行き場のない僕らのサウンドトラック―Disc Review:Radiohead / A Moon Shaped Pool

行き場のない僕らのサウンドトラック ディスクレビュー:Radiohead / A Moon Shaped Pool (2016) こんばんはゆーすPです。今日は、ちょうど去年の今頃に書いたのですがそのままお蔵入りになってしまっていた(まだその時はブログをやっていなかったので。)…

"ポストボウイ"の静かなる始まりーSong Review : St. Vincent / New York

"ポストボウイ"の静かなる始まり Song Review : St. Vincent / New York (2017) I have lost a hero I have lost a friend But for you, darling I'd do it all again 彼女はこの壮大で感傷的な本楽曲で、ヒーローの死、友人との離別、そして慣れ親しんだ街…

What is "American Dream"?:ジェームス・マーフィーの描くアメリカの今ーDisc Review : LCD Soundsystem/ American Dream

What is "American Dream"?:ジェームス・マーフィーの描くアメリカの今 Disc Review : LCD Soundsystem/ American Dream (2017) LCD Soundsystemは、言ってしまえばジェームズマーフィーのソロプロジェクトであるのだが、2011年にその活動休止を発表する際…

EDMならぬ"A"DM?―Disc Review : Kommode / Analog Dance Music

EDMならぬ"A"DM? Disc Review : Kommode / Analog Dance Music (2017) こんばんは、ゆーすPです。前々回に普段のレビューよりも少し短めのショートレビューをお送りしましたが、今回もその流れに乗って、ショートレビューです。

<祝>アクセス数1000人突破!

どうも、ゆーすPです。 今回は「記事」というより私的な報告です。 えー、昨日9月17日で、アクセス数が1000人を突破しました!!!!

ロック復権をかけたQOTSAと僕らの野望ーDisc Review : Queens of the Stone Age / Villains

ロック復権をかけたQOTSAと僕らの野望 Disc Review : Queens of the Stone Age / Villains (2017) 今年頭、フジロックの出演アーティストが発表された際、その出演決定に驚いたアクトの一つがQueens of the Stone Age(以下QOTSA)でした。それもそのはず。QOT…

Bombay Bicycle Clubのフロントマンはデーモン・アルバーンになれるのかーDisc Review : Mr. Jukes / God First

Bombay Bicycle Clubのフロントマンはデーモン・アルバーンになれるのか Disc Review : Mr. Jukes / God First (2017) [short review] どうも、ゆーすPです。ブログタイトルが「インディーロック探報」でありながらそんなにインディーロック探報してなくない…

シミュラークル社会を暴くためにーDisc Review : Arcade Fire / Everything Now

シミュラークル社会を暴くために Disc Review : Arcade Fire / Everything Now (2017) 確かに、非常に評価が難しい作品である。このアーケイドファイアの新譜に対しては、リリース以前の大きな期待に反して落胆の声や失望の声がよく聞かれた。ピッチフォーク…

HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER雑記ーLive Report : HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER 8/19 @幕張メッセ

Live Report : HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER 8/19 @幕張メッセ こんばんは、ゆーすPです。早いものでもうサマソニ's weekendsから2週間ですよ2週間。ということで、遅くなりましたが今回はサマソニの深夜帯枠ホステスクラブオールナイターのレポ書きます。夏が…

ソニックマニア雑記ーLive Report : SONICMANIA 8/18 @幕張メッセ

Live Report : SONICMANIA 8/18 @幕張メッセ どうも。ゆーすPです。ホステスのモグワイの轟音に未だに耳がおかしなことになっている気がする今日この頃です。と今回はその前に、遅くなりましたが金曜日に行ってきました、ソニックマニアのレポ(というかもは…

パウロの人生、カニエの回心ーDisc Review : Kanye West / The Life of Pablo

パウロの人生、カニエの回心 ディスクレビュー : Kanye West / The Life of Pablo (2016) 前回の記事で昨年の作品Chance the Rapperの"Coloring Book"を紹介したのですが、今このタイミングで?と思わせる少し唐突な感じになってしまいました。反省。…なので…

怒りを祈りに転化したシカゴの光ーDisc Review : Chance the Rapper / Coloring Book

怒りを祈りに転化したシカゴの光 ディスクレビュー : Chance the Rapper / Coloring Book (2016) "Music is all we got"ー音楽こそが全てだ、と彼は歌った。そんな彼が、ヒップホップアクトながらグラミー賞で新人賞を獲得し、ロラパルーザを満杯にした。チ…