ゆーすPのインディーロック探訪

とあるPのインディーロック紹介ブログ。インディーからオルタナ、エレクトロ、ヒップホップまで。

「分断した社会」を乗り越えるためにーDisc Review : Broken Social Scene / Hug of Thunder

「分断した社会」を乗り越えるために
Disc Review : Broken Social Scene / Hug of Thunder (2017)

f:id:vordhosbn:20170716221133j:plain

 

 
 このカナダのスーパーグループバンドがバンド名に"Broken Social Scene"という名前を付けたのは、まさに運命だったのかもしれない。二回の世界大戦とその後の冷戦を経験した私達は、グローバリゼーションという夢を描いた。しかし、その"夢"が単なる夢であることが露呈するまでにあまり時間はかからなかった。ハンチントンによる文明の衝突というテーゼが9.11を予測したとされ影響力を持ち、アイデンティティーによって世界は分断されるという説明が主流化した。最もそれは、単に世界で起きている対立を説明するのに楽だったからと言うだけで、なぜ文明間による衝突が起きるのかを説明していないのだが。

テイラー・スウィフトをも魅了する煌びやかなポップネスーDisc Review:Haim / Something To Tell You

テイラー・スウィフトをも魅了する煌びやかなポップネス
Disc Review:Haim / Something To Tell You (2017)

f:id:vordhosbn:20170715102832p:plain

 Haimの名前を聴いたのは何年ぶりだろう。1stアルバム"Days Are Gone"のリリースが2013年だから……もう4年も前のことじゃないか……いやはや時が経つのが早すぎる。まさに"Days Are Gone"。ーーこれが言いたかっただけですごめんなさい。ということで今回はHaimの4年ぶりの新譜"Something To Tell You"を紹介。

夏に聴きたいインディーロックのアンセム10選

 

いやはや、夏ですね、皆さん。夏フェスですか?フジロック行く?ふーん。よかったね。私ですか?フジロックめちゃくちゃ行きたいですよ?そりゃあLCDとかめちゃくちゃ見たいですよ?行くのかって?行けねえんだそれが。そこで、夏フェス行かない皆さん、自宅で生霊派遣組の皆さん、我々は家でゆっくりとフェス動画でも見ようじゃないか!!家でフェスのほうが快適だもん!!いいもん!!と言うことで今日はフェスで聴きたいインディーロックのアンセム10選をご紹介。もうライブで聴いたら合唱間違いなしってやつですよ。ということで今回は動画もフェスの映像を引っ張ってきました。注:今回もうなんか色々と偏差値低めです。

『The Story of O.J.』から考える黒人の権利要求における多様性―Song Review : Jay Z / The Story of O.J.

『The Story of O.J.』から考える黒人の権利要求における多様性

Song Review : Jay Z / The Story of O.J. (2017)

f:id:vordhosbn:20170711004334p:plain

 さて、6月30日に突如ニューアルバムをリリースし、世界中のシーンの注目を攫ったJay Zの”4:44”。この作品は発売当初は”TIDAL”のみの配信であったため、ここ日本では聴くことができなかったが、7月7日、発売から待つことおよそ待つこと一週間、ついにApple Musicでも解禁され、現在では全曲聴けるように。そんなJay Zの新譜をめぐっては、世界中のリスナーがたくさんの考察を重ねているが、ここではそのアルバムの中でもミュージックビデオが印象的な、”The Story of O.J.”に注目しようと思う。(なんだか最近「である。」口調と「です。ます。」口調が統一しない…今回はである。口調。)

 

続きを読む

「上手くやれない」すべての人に。―Song Review:Arcade Fire / Creature Comfort

「上手くやれない」すべての人に。

Song Review : Arcade Fire / Creature Comfort (2017)

 

 今月末27日に5作目となるニューアルバム"Everything Now"の発売を控える我らがArcade Fire。そんなニューアルバムから先行配信されている"Creature Comfort"をご紹介。さらには彼らの新譜をめぐる動向なんかも書けたらなぁ、と思います。(訳:新曲がとても良すぎて、新譜が出るまで何か書きたい欲を抑えられませんでした。(笑))

続きを読む

2017年上半期個人的良盤10選

と言うことで予告していたように、今回は2017年上半期の個人的良作アルバムを10枚ご紹介。前回同様、特に順位は付けず、順不同。(五十音順)

続きを読む

2017年上半期個人的良曲10選(その2)

 なんだか雨の日が続きますね、そんな雨の日を乗り越える必殺技「トラヴィスの"Why Does It Always Rain on Me"」も濫用してしまった私にはもう効かなくなってきました。新たな雨の日を乗り切れる必殺技を募集します。以下、前回の記事の続きです。2017年上半期の個人的名曲6曲目から10曲目まで。